隠れ脳梗塞とは?


隠れ脳梗塞とは?

よくテレビで血管内を
赤血球が流れる画像が放送されていますが、
赤血球が詰まってしまうのが脳梗塞です。

1秒から2秒ぐらい
詰まってまた流れてゆくという状態が
隠れ脳梗塞
です。

隠れ脳梗塞とは本人には
自覚症状が全くないけれど、
MRIで調べると認められる症状です。

恐ろしいのは、
このような痕跡がある人の30%が
数年以内に脳梗塞や
心筋梗塞の発作を起こすという
データがあります。



更年期を境に急上昇
することもありますので、
隠れ脳梗塞チェックをしてみましょう。


注意レベルの低い順に書いてあります

注意レベル1
最高血圧が130から139 mm hg

・普段から肩こりがある
・冷え性である
・頭が重たく感じることがある
・寝つきが悪い
・倦怠感がある


注意レベル2
最高血圧が140から159 mm hg

・頭痛がよくある
・ほてりがある
・静動脈がある
・普段から平熱が低い( 36.2℃以下)
・耳鳴りがある


注意レベル3
最高血圧が160 mm hg以上

・糖尿病である
・立ちくらみや貧血がよくある
・手足にしびれを感じることがある
・ろれつが回らないことが暑さ
・動悸が激しいことがある


日本では
40代の半数が高血圧、
50代の半数が
隠れ脳梗塞の
痕跡がある

と言うことです。


特に女性の場合は
血圧が急激に上がるのですが
これに気付かないため
隠れ脳梗塞がおきていることも
気付かないことが多いのです。


症状などが希薄なため、
自分では判定しか寝ることが多いので
普段から血圧を測ることや
体温計で熱を自覚しておくことが大切です。



更年期を境に起こるこの症状を
ホルモンストレスがたの高血圧と呼びます。

なぜ更年期を境に起こるかというと、
女性ホルモンの減少に伴って
血圧をコントロールする自律神経が乱れて
ストレスなどが影響し
血圧が上がりやすい状態になるから
です。

さらに女性ホルモンが減少することによって、
血管の柔軟性が失われることから
赤血球が通りにくくなる
のです。
通りにくくなることにより、
血管に血流を押し出す力はさらに高くなり、
高血圧が進みます。

悪循環なのですが
血圧が高くなるとさらに血管は
固くなっていくのです。

上記のチェック項目で
気になる部分があれば、
3割が数年以内に脳梗塞や心筋梗塞の発作を
引き起こすというデータもありますので、
病院でMRIを図り、
隠れ脳梗塞であれば
薬を服用していただくと良いと思います。

送料無料が多いサプリメント 即日通販が
おすすめです。

即日発送だと、
何かあった場合に返品交換しやすいんです。
そのうえ送料無料で後払いOKのものを
通販で購入するのはおすすめです。



[PR]
# by khkh3w26 | 2014-06-24 10:36